11.葬儀・告別式

葬儀・告別式の流れ

通夜が故人との別れを惜しむ儀式であるのに対し、告別式は故人とお別れする式典です。一般的な告別式は受付から、出棺を見送るまでは1時間程度、さらに火葬、初七日法要、精進落としまで合わせると所要5~6時間となります。

 

1.葬儀・告別式の準備

前日の通夜のものを引き継ぐケースがほとんどです。通夜を自宅、告別式を葬儀場で行う場合は設営の準備に追われます。

 

2.参列者の受付

葬儀開始の30分前には役割分担ごとに配置につき、受付を開始します。

 

3.僧侶入場

入場する僧侶を遺族・参列者は合掌・黙礼で迎えます。

 

4.読経

この読経の中で故人に戒名が授けられます。

 

5.弔辞・弔電

司会者、または喪主が弔辞を述べる人を紹介し、1~3人の弔辞が述べられます。また、弔電も紹介され、祭壇に供えられます。

 

6.読経・焼香

僧侶の読経と共に、喪主、親族、参列者の順に焼香が始まります。

 

7.僧侶退場

焼香終了と共に僧侶が退場し、遺族・参列者は合掌・黙礼でお見送りします。

 

8.閉式・出棺

司会者、または喪主が一旦閉会を宣言し、最後のお別れとなる出棺となります。遺体は火葬場へ運ばれて荼毘にふされ、収骨、精進落としと儀式は続きます。

 

 

© 2022 葬儀web