葬儀のマナー・知識

葬儀の服装と持ち物について

通夜と告別式は喪服が基本ですが、遺族でなければ平服で参列して構いません。

急な知らせで、仕事帰りなどに直接出向くケースもあるかと思います。その時は、仕事で着ていた服装でも問題ありません。本来、喪服は告別式に着用する礼装であり、お通夜での喪服着用はあらかじめ準備をしていたという意味合いから失礼であるとされていました。しかし、最近では告別式に出られないためお通夜に参列するという人が増えていることから、喪服での参列が一般的になってきたのです。

平服の場合の男性は地味なスーツに黒ネクタイと黒い靴が相応しいです。女性も光沢のない黒か暗めの色のワンピースやアンサンブル、スーツなどの肌の露出を控えた物を選びます。

露出の観点からも夏場でも半袖やミニスカート、生足はNGです。ストッキングは黒を用意しましょう。靴はサンダル類を避け光沢のないヒールの低い靴を選んでください。他にも毛皮製(殺生=生き物を殺して作った物の連想)の物を着用してはいけません。派手なメイクは厳禁です。あくまでもナチュラルメイクで。マニキュアや爪の光沢、香水もふさわしくありません。長い髪の方は後ろで束ねることもお忘れなく。バッグは光沢がなく大きな金具や装飾がついていない黒が理想です。ここでも決して毛皮製を持っていかないように。女性のアクセサリーは真珠の一連ネックレスが許容されます。二連のものは“不幸が重なる”という葬儀の忌み言葉に通じるので避けます。結婚指輪以外の指輪は外しておきましょう。子どもは学校の制服が正式礼装となります。制服がない場合は地味な色合いの服を選びます。

葬儀後の弔問の場合

葬儀後に弔問する場合は、葬儀の雑事が落ち着く三日ほど後から四十九日頃までの訪問が一般的です。服装は平服がマナーで、男性の場合はネクタイも地味な色を選びます。葬儀を連想させる喪服はマナー違反です。通夜と告別式に参列していない場合は、香典を袱紗に包んで持参し、お供え物としてお菓子や果物、花なども持参できます。仏式葬儀だった場合は数珠も持参しましょう。

 

 

-葬儀のマナー・知識

© 2021 葬儀web