お通夜・葬儀の準備

葬儀社を決める日

遺体安置後に葬儀社を選定

今はほとんどの方が病院で死を迎えます。ご臨終後に遺体は病院内の霊安室に移動・安置され、さらに自宅や施設の安置場所へ搬送することになります。病院からの搬送は一般的に葬儀をお願いする葬儀社に依頼します。しかし、急な事態で葬儀社が決まっていない場合は、病院内に常駐している葬儀社に依頼することも可能です。葬儀まで依頼することもできますが、「搬送」のみ依頼することも可能です。遺体の安置を済ませてから、信頼できる葬儀社を調べて、予算や葬儀の進行内容を確認してから契約しましょう。

なお、病院の霊安室は亡くなられた後、数時間しか遺体を安置できませんので、遺体を別の場所に搬送・安置してから葬儀社を決めることになります。あまり時間の余裕はなさそうですが、故人様へドライアイスの処置がしっかりとされていればゆっくり葬儀社を決めることはできます。

葬儀はやり直しのできない大切な儀式ですので、安心と信頼のできる葬儀社選びがとても重要です。

葬儀社を選ぶ際は、大手が展開する葬儀紹介サイトもありますし、地元に密着型した葬儀会社などもあります。

あらかじめ数社で事前相談し、依頼する葬儀社を決めておくと安心です。

 

生前に契約しておけば安心

ご臨終後の遺族は気が動転しているうえに、とてもあわただしい状況に置かれます。事前に葬儀社を決めておけば、葬儀社の選定であわてることはありません。近年は終活の一環として、故人による葬儀の生前契約も増えています。元気なうちに生前契約しておけば、自分に合った葬儀ができ、遺族の経済的負担も減らすことができます。

 

 

-お通夜・葬儀の準備

© 2021 葬儀web