お通夜・葬儀の準備

喪主の服装

男性の服装

男性の喪主は通夜が始まるまでは平服、通夜はブラックスーツ、告別式は正礼装のモーニング、または黒紋付羽織袴が本来のマナーです。

ただし今は葬儀全体を通してブラックスーツの着用が主流です。スーツはシングルでもダブルでも構いません。ワイシャツは白の無地、ネクタイと靴下は黒、靴は光沢のない黒とし、清潔感のある装いを心がけます。

 

女性の服装

女性が喪主の場合は、通夜はブラックフォーマル、告別式はブラックフォーマル、または黒無地染め抜き五つ紋付きの着物が本来のマナーです。和服を着慣れていない方は着物にこだわる必要はなく、葬儀全体を通してブラックフォーマルで問題ありません。アクセサリーは結婚指輪とパールのネックレス以外は着けない方がよいとされています。他にも毛皮製(生き物を殺して作った物の連想=殺生)の物を着用してはいけません。

 

 

-お通夜・葬儀の準備

© 2021 葬儀web